可愛いイメージがあるアライグマは駆除が必要になっている

男女

住宅街にも及んでいる

スプレー

近年、ハクビシンの被害が多発しています。平成21年には農業の被害だけでも3億2千万円と農水省が発表しているのです。しかし、それだけではなく最近では住宅街での被害も増えてきています。もともと自然にしかいないはずのハクビシンがなぜ住宅街でも繁殖しているのか調べていきましょう。ハクビシンはもともと器用な動物で特に木登りを得意とします。そのため住宅街への侵入は容易いのです。そして侵入すると住み着く習性があります。たった4センチほどのすき間があれば通り抜けることが可能で天井裏などに巣を作ります。屋根裏にある断熱材はとてもフカフカでハクビシンにとってベッドになるのです。こうして住宅に侵入した被害が多く報告されています。ハクビシンは一度巣を作ると自ら出て行くことはありません。そのため、自宅に巣を作ってしまったら糞害や騒音、衛生面に悪影響が考えられるためハクビシン駆除が必要とされるのです。しかし、起用ですばしっこいため自分でのハクビシン駆除は非常に困難になります。そのため専門の業者にハクビシン駆除を依頼した方が良いでしょう。その際にインターネットを使い、ハクビシン駆除業者を探すことが一般的になっていますが業者を選ぶ際には注意点があります。まず、都道府県からの駆除許可を保有しているか、実績があるのかなどです。この2つは選ぶための最低ラインで料金を比較すると良いでしょう。また、作業終了後は保証制度があるかを確認することも必要です。