可愛いイメージがあるアライグマは駆除が必要になっている

男女

害のなさそうな動物

ハト

鳩はどこにでもいて、温厚な動物に見えます。公園などにたくさんいて、餌をやる人を見ると平和な雰囲気を感じるでしょう。しかし、温厚でもなく、人に懐いている訳でもないのです。実際の生態はとても凶暴で縄張り意識が強い動物になります。ではなぜ、人間に近づくのかというと恐れていないからなのです。現在そんな鳩が住宅街に増えすぎていて深刻な問題になっています。鳩が増えていくことで大きな問題は糞害です。あらゆる場所に巣を作るので住宅街でも住み着いてしまうのです。むしろ、鳩の天敵がいないため、住宅街が好まれて増え続けているのです。巣の取り除き対策をすれば良いのですが、専門の知識がなく巣に手を出すと鳩は凶暴になるため危険です。巣の対策は専門の業者に依頼した方が良いでしょう。鳩は巣を作るまでには段階があります。まず、短い時間羽根休みをするのです。滞在時間も短く被害も少ないのですが、安全な場所と判断すると鳥が持っている特有の帰巣本能により何度も来ます。そして、だんだん滞在時間がながくなり仲間を呼ぶようになるのです。何か対策をしないと次は寝床となります。こうなると大量の糞が発生してくるのです。寝床として使用しても対策されない場合、安全性が高いと判断し巣を作ります。そのため人間が巣に手を出すと、逆に侵入者と判断され襲いかかるのです。鳩が巣を作ってしまった後は業者に依頼し、作を終えたら再発しないように対策方法を相談する方が良いでしょう。